-->









スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

P2P接続設定 その1 

コンピュータからコンピュータへ電話をかけるための設定をします。
次の3つの作業を行います。

  • 電話をかける相手をネットワーク上で見つける。

  • 自分のコンタクトリストへ相手を登録する。

  • お互いに電話をかける事を許可する。


知り合いを検索する


「VoipBuster」「VoipStunt」「InternetCalls」「SparVoIP」「NetAppel」「VoIPCheap」では友人をが「同じソフトフォンを使っているか」を検索することが出来ます。
その結果自分のコンピュータから知り合いのコンピュータへ音声チャット、即ち電話をかけることが可能になります。

同じソフトフォンとは?


この作業において「Betamax VoIPソフトフォン」である上記の6つのアプリケーションは同じ物として扱われます。
つまり、自分が「VoipBuster」を使っていて、友人が「SparVoIP」ユーザだったとしても、友人の検索は可能ですしP2Pの接続も可能です。
詳しくはユーザアカウントのデータベースを参照

友人の検索とは


"Search for Contacts"画面で、自分の友人がVoIPソフトフォンユーザかどうかを確認することが出来ます。
私もこの検索で、数年間連絡を取っていなかった海外の友人を発見し、連絡を取ることが出来ました。

検索のプロセス


"Search for Contacts"は入力された「キーワード」を「ネットワーク上」の"Customize your Profile"のデータと照合します。その結果一致するものがあれば、その全ての"Contact"を表示します。

検索手順


それでは検索からコンタクトの追加までの作業を順に追って見ましょう
他の端末との接続設定

| 1 2 3 |>>次へ>>
スポンサーサイト




コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipphone.blog55.fc2.com/tb.php/33-f4309b62








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。